天風姤│易占探究

天風姤

てんぷうこう

image

遭遇

case.1

予期せぬものとの予期せぬ出会いが、 起こりやすいとき。 その予期せず出会ったものは、 それまで有ったものをしのぐほどに、 盛んな勢いがあるかもしれないけれど、 その取り扱いには、注意を。 それがどんなに魅力的でも、 問題の種となる可能性があるので、 それを重んじたり、選んだりするのは、 控えた方がよいかもしれません。 気が多くなりがちなときなので、 惑わされないことが大事。

初爻

case.1

予期せぬ出会いに惑わされないように、 しっかりと自分をつなぎ止めておくならば、 行くべき道を貫くことができて、 良い結果につなげることができそう。 出会ったものの方に進んでしまえば、 悪い結果に遭うことになるでしょう。 気が落ち着かず、 そわそわしやすいときですが、 誘惑に負けないこと。

case.2

出会っていく。 多くのものと遭遇して、 誘って誘われて気迷い惑い、 じっとしていられない。 ふらふらして道を見失わないように、 しっかり自分を牽制しておくべき段階。

case.3

そわそわしていますね。 色んなものに気を引かれて、 どれも魅力的に感じられる。 誘惑に負けてはダメです。 大事なものを見失わないように、 ちゃんと自分を引き留めておいて。 厳重に自分を見張っておくべきです。

case.4

そういう気持ちになることがあったとしても、 その衝動に身をまかせてはいけません。 振り払っても振り払っても、 そういう感情はこみ上げてくるかもしれないけれど、 その気分で突っ走ってはいけません。 自由に放ってしまった方が楽になれると思っても。 耐えて抑えることができるかどうかが課題なのです。

case.5

いいえ、やめましょう。 その気持ちに動かされてはいけません。 絶対にダメだと、きつく自分に言い聞かせて。

case.6

相手が大事だと思うなら、 自分の気持ちを、しっかりと、 相手につないでおくこと。 別の相手を誘惑するなど、 気の多い態度をとっていれば、 この関係は、台無しに。 とにかく、気を引き締めて、 心を落ち着かせること。

二爻

case.1

出会ったものに誘惑されないように、 それをしっかりと包み込んで、 影響を封じるようにするならば、 問題とならずに済みそう。 これ以上に影響を広げることは、 何の得にもなりません。

case.2

抑えていく。 自分の中にうごめくもの、 その生じてしまったものの余波を、 この先に及ばせるわけにはいかない。 望ましくないことを起こさないために、 衝動や動揺を封じ込めていく段階。

case.3

閉じ込めておきましょう。 その気持ちは抑えておくべき。 それに気を引かれたまま進んでも、 何もよいことはありません。 ちょっとした気の迷い。 そっと封をして。

case.4

内に秘めておくべきです。 そういう気持ちがあったとしても、 それをオープンにしてぶつけたところで、 無用な混乱が巻き起こるだけでしょう。 それは、包み隠しておくべきこと。 表に出す必要のないことです。 表に出さずに、抑えて耐えることが課題なのです。

case.5

いいえ、ダメです。 その気持ちには蓋をしてください。 これ以上それを考えるのはやめましょう。

case.6

この相手と関わるのは、 もうこの辺りで、 終わりにした方がよさそう。 出会ってしまって、 引かれ合ってしまったのは、 仕方がないことだとしても、 これ以上、この関係に重きを置くのは、 何かが違うのではないでしょうか。 自分の手で、気持ちに蓋をして。

三爻

case.1

じっとしているにも落ち着かず、 進むにも進めないようなとき。 出会ったものの方に行こうとする 危うさはあるけれども、 行きたくても行けないときなので、 大きな問題とはならずに済むでしょう。

case.2

どうしようもない。 気持ちは突き動かされるけれど、 何ができるわけでもなく、 立ったり座ったりうろうろする。 心ここにあらずで不安定、 落ち着きが戻るのを待つしかない段階。

case.3

落ち着きませんね。 どうにもならないことに思い悩んで、 気もそぞろ。 どうにもならなくていいのです。 どうにもならない方がいい。 それは、大きな気の迷い。 気の迷いでしかないのです。

case.4

耐えることが課題です。 どんなに気持ちがあっても、どうにもならないこともある。 どうしようもないことなのだと、受け容れるしかないのです。 どうにもできないことに我慢できないというのは危険なこと。 自滅的な行動に走ってはいけません。

case.5

いいえ、やめましょう。 それを考えてもどうにもなりません。 決めたところで、何もできないでしょう。

case.6

この相手と関わろうとしても、 うまくはいかない。 そう分かっているはずです。 関わるべきではない相手だから、 関わることができないのは、 むしろ、善いこと。 この相手に気を引かれるのは、 危険なことなのです。

四爻

case.1

出会ったものがあったのだとしても、 それはもう、自分の手元にはないのかも。 自分の手を離れたものを追って、 行動を起こすようなことをすれば、 結果は悪いものとなってしまうでしょう。

case.2

何もできない。 待ち構えていても 何も来ないし何も起こらない、 求めていくのは逆効果。 幻を追っているのかもしれない、 手応えなく空しさが膨らんでいく段階。

case.3

虚しいですね。 あんなに興奮したのに、 もう既に色がない。 魅力が失せてしまった。 もう一度、と思うけれど。 再びということはない。 追っても無駄なことです。

case.4

今となっては、それは幻。 あのときこうすればよかったとか、 ああしておけばこうはならなかったとか、 そんなことを想っても仕方がない。 そのときの気持ちを想い出せば、 感情が高ぶることもあるだろうけれど、 全てもう過ぎ去ったこと。 今さらどうできることでもありません。

case.5

いいえ、やめましょう。 もうその気はないのではないですか。 そういう気になったこともあったのだろうけど。

case.6

相手の心は、 もう、自分の元にはない。 運命のように出会い、 引かれ合ったのだとしても、 相手は、気まぐれ。 空しいけれど、 気持ちを取り戻そうと 立ち上がるようなことは、 決して、しないで。

五爻

case.1

出会ったものが、 望ましくないものであったとしても、 それを受け入れ包容することができるとき。 そうした美徳を備えるならば、 望ましくない流れの中にあったとしても、 予想できないような奇跡的な展開に、 遭遇することになるかも。

case.2

うまく対処していく。 衝撃や動揺を優しく受け止め、 そのまま放置することなく、 好転につなげる意志を抱いていく。 流れを変えられるかもしれない、 遭遇した事態を転機としていける段階。

case.3

受け止めましょう。 どんなことが起きようと、 どんな気持ちになろうとも。 あなたなら、そうできる。 人生には意外なことがある。 願ってもいないようなことも、 奇跡みたいな嘘みたいなことも。

case.4

びっくりしましたね。 人生には、こういうこともある。 受け容れてよいのかどうかというところですが、 ここはまるごと受け容れてしまいましょう。 動揺も興奮も期待も不安もまるごと受け容れて、 どう転じていくかに賭けましょう。 どう転じていくか、奇跡が起こりそうな気配に。

case.5

はい、そうですね。 受け容れていきましょう。 どう転じるかは天にまかせて。

case.6

相手がどうであっても、 出会ってしまった以上、 その存在を受け容れること。 優しく、丁重に、包み込むように、 判断せずに、決めつけずに。 今はどう思おうと、 予期せぬ展開となるかもしれない。

上爻

case.1

出会ったものに心が動かされることは なさそうなとき。 あまりに頑なで狭量な態度は、 恥ずべきことではあるけれども、 誘惑されることはないので、 問題もないでしょう。

case.2

出会わない。 どんな事態に遭遇しても、 動揺することなく影響されることなく、 何の意味も見出さない。 心を乱すものを遠ざけて、 平静な境地を取り戻そうとする過渡期。

case.3

何もなかったのかも。 何かはあったのかもしれないけど、 何もなかったことにしてしまうのも いいのかもしれない。 結局、何もなかった。 そう言い切ってしまえばいい。

case.4

あなたが何も問題はないと思うなら、 それでよいのではないですか。 そういうことを問題だとする感じ方もあるし、 問題ではないとする感じ方もある。 あなたにとって問題ではないのなら、 問題ではないのではないですか。 何も気にする必要はないのでは。

case.5

はい、そうですね。 心を乱されることのない決断。 面白くもないでしょうが、安全ではあります。

case.6

相手に何も感じないのであれば、 それはそれで、いいのでは。 出会ったからといって、 関係を持たなくてはならない、 というわけではない。 拒みたいならば、拒んでも、 問題はないのではないでしょうか。