星占い 4/1~4/7

牡羊座 (3/21~4/19生まれ)

やるべきことをやるよう促されるとき。困難な状況にあるときこそ、自分に厳しく。迷いや苦しさを振り切って、義務や責任に忠実に。

牡牛座 (4/20~5/20生まれ)

感覚的になりすぎないことが鍵となるとき。好みや雰囲気による判断を重ねていると、現実から遠ざかってしまいそう。地に足をつけて。

双子座 (5/21~6/21生まれ)

辛抱を促されるとき。苦しい状況は、新経験へ向かうための通過点。長い目で見れば、良化に向かい始めた何かの兆しに気づけるかも。

蟹座 (6/22~7/22生まれ)

学びを促されるとき。自分を磨き高めるためのテーマがあるはずなので、何か探して。意識や考え方が前向きになれることに打ち込んで。

獅子座 (7/23~8/22生まれ)

向上心を持つことが鍵となるとき。小さなことでも、熟練や刷新を目指す意識を持つことで、流れが凛と引き締まりそう。気合を入れて。

乙女座 (8/23~9/22生まれ)

自分の態度を慎重に選ぶことが鍵となるとき。自分の態度や振る舞いの発するものを自覚して、その反応も冷静に受け取ることが大事。

天秤座 (9/23~10/22生まれ)

逃避しないことが鍵となるとき。理解できないものや馴染めないものがあっても、壁を立てないことが大事。忍耐強く、謙虚な姿勢で。

蠍座 (10/23~11/21生まれ)

できることをするよう促されるとき。優先すべきことのためには、他が犠牲になっても、献身的に。目の前のことと丁寧に向き合って。

射手座 (11/22~12/21生まれ)

意識を開いておくことが鍵となるとき。気持ちを狭いところに押し込めないで、コミュニケーションを大切に。明るく朗らかな発想で。

山羊座 (12/22~1/20生まれ)

全体的な視点を持つよう促されるとき。自分の行動の持つ影響力や重要性を現実的に考えて、自分の役割を自覚して動くことが大事。

水瓶座 (1/21~2/18生まれ)

気持ちの整理を促されるとき。いつまでも抱いていても仕方のない感情を片付ける準備を始めることが鍵。雑に捨てるのではなく。

魚座 (2/19~3/20生まれ)

主体的に学ぶよう促されるとき。与えられたものを漠然と吸収するのではなく、自分に取り入れたいと思うものに自分の手を伸ばして。

※星座の区分は生まれ年によって1日ほど前後します。誕生日が境目に近い場合は、隣の星座も合わせて参考に。

2020年4月
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 1 2