7 of WANDS

[正位置]

case.1

守るためには、 立ち上がらなくてはならないこともあります。 あなたがそれを貫こうとするならば、 激しい攻撃にさらされることもあるでしょう。 それは自分自身の葛藤の反映であるのかもしれません。 自分の正直な気持ちがわからないようでは、 戦い続けることは困難です。 あなたの信念、本当の気持ちが 試されているときです。

case.2

戦わなくてはならないときにあるようですね。
劣勢でも、黙って逃げて身を隠すより、
果敢に立ち向かうことが必要なのかもしれない。

自分の意志を通したり、権利を守ったりするには、
困難な状況での奮闘が避けられないかもしれませんが、
ここであきらめたり、自分から戦いを放棄したりは、
しない方がよいようです。

今後の展開は、戦い抜いた先に見えてくる。
自分にとって大事なことだから、戦う。
その一点を忘れないこと、何度も確認することが、
この戦いを通り抜けるための鍵となりそうです。

[逆位置]

case.1

負けてしまいそう。 もう、何のための戦いか わからなくなってしまったようです。 自分の気持ちを見失っているから、 心は落ち着かず、言動は支離滅裂。 攻撃をやめることも、逃げることもできません。 意味のない戦い、そう思いませんか? 大丈夫、ひと休みする余裕はあります。 リラックスして、自分の気持ちの真実、 もう一度確かめてみてください。