3 of WANDS

[正位置]

case.1

目標は確かに成し遂げました。 さあ、次はどこへ向かうのか。 現在の安定を基盤として、 更なる目的を定めるときです。 目線は、遠く、広く、大きな可能性を追って。 先見の明をもって、 未知への想像力を広げましょう。

case.2

順調な段階を迎えているようですね。
多くの試行錯誤もしてきたのでしょうが、
これでやっていこう、と思える形を、
手にすることができたようです。

これからは、その形をベースに、
発展させていくことを考えればいい。
これまでの過程を踏まえた上で、
今だからできることへの意欲を新たに、
より大きな目標を目指していきましょう。

ここから、本格的に腰を据えて
取り組んでいくことができるかどうかが、
今後の展開の鍵となるでしょう。

[逆位置]

case.1

ちょっと後ろ向きな気分。 現在の安定に落ち着いてしまいたい? まだまだ未来は可能性に満ちているのに、 目を背けてしまっています。 あなたの役割はここで終わりではありません。 直観はそのことを何度もあなたに告げているはず。 恐れることなく、もう一度、 更なる発展を求めて 広い世界へ目を向けてみましょう。