7 of PENTACLES

[正位置]

case.1

手を止めて、考えてみましょう。 自分がやってきたことは、着実な成果をあげているだろうか? このまま続けていって、これ以上に何が得られるだろうか? これまでやってきたことに、どんな意味があったのだろうか? ここから生まれる結果は、自分が望んでいるものだろうか? 自分の進むべき道はぶれていないか、 他にもっとよい道はないのか? わからなくなったら、確認すべきです。 どんなに素晴らしいものであっても、 自分が満足できなければ、つまらないから。

case.2

見直しの時期を迎えているようですね。
これまで取り組んできたことを振り返って、
何らかの改善をしていくことが
必要なときにあるようです。

これまでに、ある程度の成果を出せる力を
養ってきたからこそ、ここで立ち止まって、
今後の方針を再検討することが大事。
自分でも、このまま続けていれば良いとは、
感じていないのではないでしょうか。

不満があるところ、不十分なところは、
それで自分を満足させようとしないこと。
妥協せずに、向上を目指す意識を持ち、
必要な力を磨いていく努力をすることが、
今後の展開の鍵となっていくでしょう。

[逆位置]

case.1

一生懸命やってきたのに、なんだか虚しい。 思うような成果が出なくて、うんざりです。 こんなに働いているのに、これだけ? こんなに頑張ってるのに、どうして? 不満や愚痴を並べるだけではなく、 改善のための評価を試みましょう。 何に満足できないのか、どこがどういけないのか。 ときには立ち止まって軌道修正することが必要です。