3 of PENTACLES

[正位置]

case.1

共通の理念を持つ仲間や、目的を共有する集団で、 何かを造り、守り、築こうとしています。 それがどんなに地道な作業であろうと、 すぐに大きな進展を見出すことができなくても、 崇高な目標のために信念はゆるぐことなく、 自らの技を注ぐことを惜しまず、 最高のもの、最善のものを、確かに形にするために、 いつか実になる尊い努力、信じて続けていてください。

case.2

何かを築いている途中にあるようですね。
それは、すぐに出来上がるものではないし、
独りの力だけでは完成させられない。

どの部分で自分が貢献できるのか、
自分にどんな役割が期待されているのか、
もっと高みを目指すために何が必要なのか、
考えて、話し合って、努力して、影響し合って、
力を合わせて、切磋琢磨すべきとき。

自分が手を抜いたら全てが駄目になるし、
周囲を無視したら全てが台無しになる。
完璧なバランスを模索して、尽力すること。
それが、今後の鍵となるでしょう。

[逆位置]

case.1

足りないのは、信念です。 達成できないのは、心の弱さ。 進展しないのは、怠けているから。 なぜこの努力を続けるのか、 一歩一歩の確かな意味を感じられないのは、 心の技量が育っていないから。 地味なことも、地道なことも、 その奥に光る大事なことを掴めば、 輝かしいものとなるのです。