8 of CUPS

[正位置]

case.1

今まで心を捉えていた事柄が、 ふと色あせて見え始めます。 満足していると思ってきた状況に、 もう心が満たされることはありません。 何かが違う、何かが足りない。 変わったのは、自分の心。 何故、何が、何を、何に? 築き上げたものにそっと背を向けて、 内面を探る孤独な旅へ出立します。

case.2

もっと他にあるかもしれない。
そう思うのなら、模索の旅に出るのも
よいでしょう。

これまで気持ちを注いで積み上げてきたことも、
とても素晴らしいことだったはずだけれども、
今はもう自分の気持ちがそこに流れていかない、
そんな気分になるときもあるもの。

このまま別れを告げて本当に去ってしまうのか、
気分を一新して気持ちがまたここに戻ってくるのか、
それは、現時点では分からないことだけれども、
今ここを離れることが、自分にとって必要ならば、
そうすればよいと思います。

先のことは、まだ、決めないままに。

[逆位置]

case.1

心の旅を終え、現実に戻ります。 周囲には無責任な流離に見えたかもしれないけれど、 自分に正直になっただけ。 人生の、自分自身の、より深い理解を得ることができました。 今までの状況にも、新たな意味を見出すことが出来るはず。 そして、もう自然と新たな展開の幕が開いていることに 気づき始めていることでしょう。