8 of PENTACLES

[正位置]

case.1

修行のとき。 全神経を集中して、無心に、怠ることなく、 努力を重ねていきましょう。 目の前の課題に専心して取り組んでいくことで、 一歩ずつ新たな知識や技術を修得し、 人生の視野を広げていくことができます。 そうしているうちに、今は解らないことも、 解るようになっていくのです。

case.2

修練を積むべきときにあるようです。

自己の課題と向き合って、
何度も何度も同じことに取り組んで、
感覚を磨き、精神や技能を鍛えていく。

何が足りなくて、何を獲得しようとしているのか、
今の自分に見えていても見えていなくても、
繰り返しそれをやっていくしかない。
そうすることでしか道は開けない。

投げ出さないことが大切です。
とにかく、一つ一つの経験が大事。
学びの成果は、自ずと付いてくるものです。

[逆位置]

case.1

課題を前に、くじけてしまいそう。 弱い心に負けて、手を抜こうとしていませんか? 真面目に努力を続けた方が自分のためになると、 本当はわかっているはずです。 このまま自滅の道を進んでよいのでしょうか。 今は未来の礎を築くべき大切なときです。 やるべきことがわかっているのなら、 しっかり集中して、真剣に取り組んでください。