10月

生まれ

2022年4月~2023年3月

控え目にしていることが大事なとき。自分の力を感じていたとしても、ひたすら謙遜して、謙虚な態度を貫き通すべき時期です。自分の功績を主張したり、自己の優秀さを誇示したりしないこと。自分から前に出ようとせずに、常に一歩引く意識を。

1日 6日 14日 29日 生まれ

淡々と自分の道に励んでいれば、自然と評価はついてくるもの。本当に優れているのであれば、その素晴らしさは自ずと伝わっていきます。自分から伝えようとするのは誤った道。必要なのは、その中身を磨き輝かせていくことです。

2日 11日 17日 31日 生まれ

他からの評価がどうあろうと、黙々と自分の道を信じて歩み続けていけば、大きな成果を得ることもできるとき。目立たなくても、地道な努力に励むことができるかどうか、やるべきことをやり抜くことができるかどうかが問われます。

3日 18日 23日 24日 生まれ

本当に優れたものを持っているのであれば、自分から招かなくても、後押しとなる流れはついてくる。見返りを求める心は、自分の中からばっさり切り落としましょう。すべきことの中身に集中して、本質を磨く努力を。

4日 5日 7日 9日 13日 20日 25日 27日 生まれ

自分はまだまだだと思うから、努力する。何が足りないのかと考えるから、問題を発見できる。課題の克服に励み、輝きを増す。そうして道を通していく。最初から順調なのは恐れ多いこと、段々と良くなっていくのが確かな道。

8日 21日 26日 生まれ

何事もうまくいきやすいときですが、思い上がりは禁物。優位にあることに慢心してはいけません。自分はまだまだ努力が足りない、という意識を持って、もっともっと力を発揮できるように励みましょう。

10日 12日 16日 19日 30日 生まれ

鍵は、労を惜しまず、努力を尽くすこと。評価を受けるためにではなく、ただ自分の力を役立て目的に貢献するために。その純粋な心があれば、立派に意志を果たすことができるでしょう。賞賛を自ら求めてはいけません。

15日 22日 28日 生まれ

心配しなくても、評価はついてきます。謙虚にしていればしているほど、賞賛されるかもしれない。重要なのは、そこで自惚れて驕らないこと。自分の中の欲が暴れ出さないように、その芽は早めに摘んでおきましょう。

地山謙(上から順に、二爻、初爻、五爻、爻なし、四爻、三爻、上爻)

2021年 2022年 2023年
10月 11月 12月 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月
2021年10月~2022年9月の運気
2022年4月~2023年3月の運気
2022年の運気