11月

生まれ

2019年5月~2020年4月

自信をもって進んでよいとき。自分自身の本質にしっかり根差し、行くべき道を自然と歩んでいくことのできる時期です。どんな状況に置かれていても、道は到達すべき場所へと通じている。その確信を輝かせて、堂々と進みましょう。

1日 20日 23日 25日 26日 生まれ

自分の信念や本心の望みに忠実であることが鍵となるとき。手に入るものがどんなに沢山あったとしても、何でも手に入るからこそ、必要なものを受け入れて、必要でないものは受け入れない姿勢が重要。自信と誇りを大切に。

2日 3日 生まれ

「うまくいく」ということは、「大成功」ということではなくて、「問題ない」ということ。どんな状況でも、十分にうまくいっているということを噛みしめて、気を引きしめて歩むことが大切です。多くを期待して望み過ぎないで。

4日 12日 14日 29日 生まれ

パワフルな状態を維持できるときですが、欲を出さないことが鍵。うまくいっている状況のバランスを崩さないように、しっかりと足元を見つめながら歩むことが大切です。常に現状が最善であり、それ以上のものは不要と戒めて。

5日 8日 17日 24日 28日 30日 生まれ

責任が重くなる時期。多くのものが手に入る時期であり、その分、感じる重みも増えていく。それは今の自分が抱えるに相応しい責任です。心配せずに、引き受けるべきものをしっかりと引き受けて、進むべき段階へと進みましょう。

6日 13日 生まれ

自己の最善の状態の感覚が分かるときであり、その状態を維持することが可能な時期。うまくいっているときの自分の意識の状態を確かめて、その感覚をつかむことが大切です。それをつかんだとき、全ては思い通りに回っていく。

7日 10日 18日 22日 生まれ

チャンスを手にしやすい時期。自分の力を発揮するに相応しい機会が到来するかもしれません。その機会を逃さないためには、日頃から自分の持つ可能性を意識して、いつでも役立てられる状態に磨いておくことが大切。気を抜かずに。

9日 11日 15日 16日 19日 21日 27日 生まれ

行くべき道を歩み続けていれば、何の心配も要らないとき。全ては天の導きであるかのように、うまく運んでいくことになるでしょう。大切なのは、自分の意識が常に自己の本質に沿うものであるように調整しながら歩むこと。謙虚に。

火天大有(上から順に、五爻、初爻、四爻、二爻、爻なし、三爻、上爻)

2019年 2020年
11月 12月 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月
2018年11月~2019年10月の運気
2019年5月~2020年4月の運気
2019年の運気