10月

生まれ

2021年の運気

引き継ぎのとき。何かが燃え尽きていくとともに、その火が次の何かに燃え移っていくような時期です。次に何に燃え付くのかが大事であり、自分の目的をしっかりと見据えることが鍵となるとき。勢力拡大よりも、継いでいくことを重視して。

仕事

改革を促される時期。重要な変わり目が訪れようとしています。変化を急ぐ必要はないので、自分の中に確信が生じるまでは、じっくりと待って。状況が先に変わってしまったならば、流れに合わせて自分自身を変えていきましょう。転機を受け容れて。

愛情

積極的にいきましょう。自分の想いに素直に、自分から迫っていきましょう。自分の気持ちや感じていることを正直に伝えることが、相手や状況を動かします。遠慮しないで、相手の心に自分の想いを届けましょう。受け身にならずに。

金運

大きな変化が訪れます。収支の流れが全く変わってしまう可能性がありますが、どちらかといえば好転です。それで後悔することもないでしょう。思い切った変化を起こすには好機です。

1日 7日 22日 生まれ

問題を野放しにすべきではないとき。明快な解決策があるのならば、積極的に打って出ましょう。手を出す範囲はなるべく最小限に留め、関係のないものにまで影響が及ばないように配慮することが鍵。延焼を避けることが大切です。

2日 10日 11日 20日 31日 生まれ

目的を見定めずに火の粉を振りまいて、無駄に燃え広がらせるのはやめましょう。どこに付くべきか分からないのならば、行動を急がずに、見えてくるまで待つこと。まだ焦らなくても大丈夫な時期です。時間をかけて、方向を探って。

3日 4日 5日 8日 15日 25日 30日 生まれ

これに付こう、という道を見出すことができるとき。それは最善の道であり、安定して歩むことのできる道。自分に相応しいと確信の持てる道であり、自分を光り輝かせることのできる道。情熱に素直に、自分を信頼して進みましょう。

6日 13日 19日 23日 24日 29日 生まれ

積極性を過度に出す必要はありません。状況をよく見て、素直に柔軟に流れに従っていけば、付くべきときに付くべき場所に付くことができるはず。情熱の炎は静かに穏やかに心の内で燃やしましょう。派手な自己主張は慎む方が賢明。

9日 12日 14日 17日 生まれ

油断のできない時期。継いだ後も何かと憂慮することが多く、安定を築くまでには苦労が絶えないかもしれません。それでも、付くべき場所に付くことのできる時期。そこで努力を続けるべきです。良い結果が出るまで、火を消さないで。

16日 27日 生まれ

燃え尽きていくものを惜しんでばかりいないことが鍵。ここでしっかり燃え尽くさなければ、不完全燃焼になります。過去への未練やこの先への心配に負けないで、今この瞬間を大事にすべき時期。目の前の展開を前向きに味わって。

18日 21日 26日 28日 生まれ

変わり目にあるとき。不安定で微妙な時期なので、先を焦って強引に出ないこと。待てずに奪い取ろうとするような態度は、破滅を招きます。時機が来れば、きちんと付くべきところに付くことができるはず。不安に負けないで、気長に。

離為火(上から順に、上爻、初爻、二爻、爻なし、五爻、三爻、四爻)

2020年 2021年 2022年
7月 8月 9月 10月 11月 12月 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 1月 2月 3月 4月 5月 6月
2020年10月~2021年9月の運気
2020年の運気 2021年の運気