6月

生まれ

2018年12月~2019年11月

期待感のあるとき。変化の予感があるかもしれませんが、大事なのは焦らないこと。軽々しく自分から動くべきではなく、状況の方が動き始めるのをゆっくり待つことが鍵です。じれったくてもせかせかせずに、重要なことほど時間をかけて。

1日 4日 9日 11日 14日 21日 24日 生まれ

それは不意に訪れるかもしれません。予想外のことで動揺があるかもしれないけれど、変化を拒まないこと。何が起きても誠実に対応していけば、流れを自分の方に引き寄せられる。望む展開へのきっかけとすることができるでしょう。

2日 3日 18日 19日 26日 29日 生まれ

進もうとしている方向は正しくても、すぐには進めないときがある。進もうとしている方向が正しければ、必ず進めるときが来る。時機を待ち、信念を固め、準備を整えること。何をどう試されても、挫けずに歩み続けることができるように。

5日 6日 8日 20日 25日 生まれ

そのときは、まだまだ遠い。期待ばかり膨らませて、浮足立ってしまわないこと。これまで通りの歩みを着実に続けていくことが大切な時期です。いつも通りにしていれば、何も問題なし。前のめりにならずに、重心を低く安定させて。

7日 22日 30日 生まれ

思いがけない事態に揺さぶられやすいとき。動いた状況には対応しなくてはなりませんが、まだ積極的に進む時期ではありません。問題には柔軟に対処して、改めるべき点を改め、そのときを迎える準備を少しずつ始めていきましょう。

10日 13日 16日 17日 生まれ

先が見えなくても、待つしかない。待っていれば、抜け出せるときが来ます。困難に囚われたような苦しみを感じやすい時期ですが、その状態が永遠に続くわけではありません。闘わないで、時間が解決してくれるのを待ちましょう。

12日 28日 生まれ

心がざわつくことがあっても、態度を変えずに動かないでじっとしていること。じたばたせずに待っていれば、望ましい方に状況が動くときが訪れるはずです。何を言われようとも姿勢を崩さずに、自分のペースを守り通して。

15日 23日 27日 生まれ

気を楽にして待っていればよい時期。特に何か行動を起こす必要もなく、状況がどう動いていくのかを悠然と眺めていればよいときです。先のことは何も心配しないで、リラックスして、日々を楽しく充実させて過ごしましょう。

水天需(上から順に、上爻、爻なし、初爻、三爻、四爻、二爻、五爻)

2018年 2019年 2020年
6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 1月 2月 3月 4月 5月
2018年6月~2019年5月の運気
2018年12月~2019年11月の運気
2018年の運気 2019年の運気