1月

生まれ

2022年7月~2023年6月

必要な投資をすべき時期。目先の損得や感情に流されずに、自分の道を通すために必要なことは実行すべきときです。一見マイナスの行動や出来事も、めぐり巡って全てはプラスの経験になる。不要なものは減らし、大事なものを増やしましょう。

1日 14日 16日 18日 19日 22日 28日 30日 生まれ

何が必要なのかをよく考えることが大事。何でもかんでも投資すればよいわけではなく、自分にとっても全体の状況にとっても最終的にプラスになる選択をしましょう。ときには何もしないという選択肢もあることを忘れないで。

2日 3日 26日 27日 生まれ

好ましくない状態は速やかに改善していくことが必要。ずるずると悪化させる前に、きっぱりと断ち切る努力をすることが大事です。そのための投資は惜しまずに、最優先で取り組めば、喜ばしい結果につなげることができるでしょう。

4日 5日 6日 8日 15日 17日 20日 21日 24日 31日 生まれ

多ければよいわけではなく、大事なのは適しているかどうか。可能性はたくさんあっても、最終的には一つに絞られるものと考えた方がよさそう。全てを手にしようとするのではなく、必要のないものは手放す余裕を育てて。

7日 9日 25日 生まれ

必要なことは多少の犠牲を払ってもやるべきですが、出来る範囲ですることが鍵。それに全てを賭けるのではなく、現状とのバランスもよく考えて、本当に必要かつ無理のない範囲内で行うこと。判断は迅速にしましょう。

10日 11日 生まれ

大事なのは、自分が何を求めているかという本質です。そして、そのために何が必要で何が必要でないかという実質。表面的に何が有り何が無いか、一時的に何を得て何を失うかは重要ではありません。本質や実質を見極めて。

12日 23日 生まれ

全ての出来事が自分のプラスになっていることを実感できるとき。どこかで何かがマイナスになっても、必ずどこかでプラスになって返ってくる。そういう行動をとれるし、そういう状況が起きてくる。めぐる流れを信頼して。

13日 29日 生まれ

持っているものを与え分かち合っていくべきとき。自分だけが持っていても仕方のないものは、出し惜しみせずに開放していきましょう。投資の成果が豊かに実り、潤沢な流れが生じていくとき。自分だけの利益を考えることはやめましょう。

山沢損(上から順に、二爻、四爻、三爻、初爻、爻なし、五爻、上爻)

2022年 2023年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2022年1月~2022年12月の運気
2022年7月~2023年6月の運気
2022年の運気 2023年の運気