12月

生まれ

2021年12月~2022年11月

衝突や争訟の起きやすいときですが、勝ち切ることを目指すべき時期ではありません。大事なのは、自分の主張を強引に通そうとしないで、和解など平和的な解決の道を探ること。誠意が通じなくても、極端に走らずに、公平な視点に立ち続けて。

1日 4日 7日 9日 16日 18日 27日 31日 生まれ

公平な判断をすることのできる時期。自分が行くべきだと思う道を曲げずに、最適な解決に至るまで、公平な姿勢を貫き通しましょう。これでよかったと自信の持てる結果を出せるときなので、弱気にならずに、主張すべきことは堂々と。

2日 5日 10日 20日 生まれ

強引な方法で勝ち切れたとしても、それは勝利とはなりません。問題は後を引き、その先に繰り返し逆転されることになる。目指すべきは平和的な解決だということを忘れてはいけません。勝てるかもという誘惑には、決して負けないで。

3日 11日 14日 19日 21日 生まれ

自分の主張を通すことが本当に必要かどうかを見直すことが鍵。違う視点や考え方に気づくことのできる時期なので、どの方向に姿勢を改めることが適当かを落ち着いて探りましょう。思い直すことで、納得できる道が開けていきます。

6日 12日 生まれ

問題の解決には、時間をかけないことが大事。その場で納得できない部分があったとしても、決着を引き延ばすべきではありません。こだわらずに、引きずらずに、とにかく早く片付けることが最善であり、最優先。争い続けないで。

8日 23日 26日 生まれ

勝てない勝負はやめましょう。主張を取り下げて、引き下がって静かにしていれば、それ以上の損害を被ることはありません。自分の方が正しいのにと思うことがあったとしても、今は自分の現状の平穏を守ることを優先しましょう。

13日 15日 24日 28日 29日 30日 生まれ

生じている問題は、一方の正しさを証明するためにではなく、その中間に道を通すことを促すために存在しています。その道を築くことができなければ、この先へは進めない。必要であれば、中立の第三者に相談することも検討しましょう。

17日 22日 25日 生まれ

現状維持を優先すべき時期。対立が生じそうな気配があったとしても、積極的に立ち上がる必要はありません。これまで通りのことを大切に守っていけば、その程度のことは問題とはならないはず。何も変えずにいることが最善です。

天水訟(上から順に、五爻、上爻、四爻、初爻、二爻、爻なし、三爻)

2021年 2022年 2023年
6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 1月 2月 3月 4月 5月
2021年6月~2022年5月の運気
2021年12月~2022年11月の運気
2021年の運気 2022年の運気