11月

生まれ

2020年11月~2021年10月

純粋な気持ちで歩んでいけば、道が通じていくとき。物事に敏感になるときであり、自己の感覚や想いに反応するものや感じ合うものとの出会いも、多く生じることになるでしょう。自分が感じていることに素直に向き合うことが大切です。

1日 12日 16日 22日 23日 24日 29日 生まれ

自分の深い部分の確信的な感覚に従い続けることが大事なとき。色々なことに感覚が反応しやすい時期ですが、表面的な直感に惑わされないように気をつけて。なんとなくでつられて横道にそれて、自分の道を見失ってしまわないように。

2日 4日 5日 10日 14日 生まれ

何かありそうな予感が強まるとき。この先に必ず何かある!という感覚を抱えながら、むずむずと落ち着かない気分で歩むことになりやすい時期です。実際に何かが起きるまでは、自分から生じさせることはできません。まだじっとしていて。

3日 13日 18日 19日 25日 30日 生まれ

自分が本当はどう感じているのかを常に意識することが鍵となるとき。周囲に感化されやすくなる時期なので、流されて場当たり的に動いてしまわないように注意。その場でよいと感じても、時間や距離を置いて冷静に考え直すことを心掛けて。

6日 17日 20日 21日 生まれ

言葉に気をつけることが大切なとき。相手の感覚や想いに反応して、相手に合わせるようなことばかりを言ってしまいやすくなる時期です。その場はよくても、後で気持ち悪くならないように、自分自身の感覚を無視しないで話すことを意識して。

7日 8日 15日 26日 生まれ

自分の純粋な感覚を見失わないことが大切なとき。多感で敏感になりやすい時期ですが、自分が反応すべきものと反応しなくてよいものを分別することが重要です。自分の純粋な感覚に従っていれば、展開が心地よく反応することになります。

9日 28日 生まれ

無心になるよう促されるとき。多くを感じ取ることができる時期ですが、雑音や雑念も増加しやすく、その全てに反応していたら、心が乱れて疲れてしまいます。瞑想などで頭や心を空っぽにして、意識を澄んだ状態に保つことを心掛けてください。

11日 27日 生まれ

心を静かに保つことが鍵となるとき。多くを感じ取ってしまうことで心が乱れたときは、その場から離れてもいい、殻を閉じても大丈夫です。過敏になりすぎてつらいと感じたら、落ち着く場所で休みましょう。自分の感覚を守ることを大切に。

沢山咸(上から順に、二爻、初爻、三爻、上爻、爻なし、四爻、五爻)

2020年 2021年 2022年
5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 1月 2月 3月 4月
2020年5月~2021年4月の運気
2020年11月~2021年10月の運気
2020年の運気 2021年の運気